MVNOの簡単な解説

MVNOはMobile Virtual Network Operatorの略で、日本語では仮想移動体通信事業者となります。

長い漢字がならんでいますが、簡単にいうとドコモやソフトバンクなどの大手キャリアから回線を大口で借り受けて仕入れ値を安くしてもらい、我々利用者に小口で安く回線を貸し出している業者=通信網を借りて自社サービスとして販売している業者のことを言います。

 

WimaxやLTEなどを使えるサービスが今では多いかと思います。また、音声通話も利用できるものもあります。

LTEデータ通信には、SIMカードという小さなカードを端末内部に差し込んで利用します。
このSIMカードの販売のみをサービスとして行っている業者は、大手の携帯通信販売業者とくらべてとても安くなっているのでおすすめです。月1000円以下も可能なのです。

したがって大手キャリア独自のサービスを使わず、最低限のデータ通信と音声通話のみで満足できる利用者であれば月額の費用を抑えることができます。
これがMVNOを利用する最大のメリットです。

このSIMカードがあれば、白ロムと呼ばれる中古のSIMフリー端末を買って利用することができるのです。
わざわざ新規で契約して新しいスマホ端末を高く買うなんて必要がないのです。

根っこの部分は大手キャリアから借りているため、通信エリアなどは元となった大手キャリアとほぼ同じになります。
同じ通信網を使うわけですから、データ通信のスピードは変わりません。これはお得ですよね。

その反面、スマホなどの端末を独自に調達しなければならなかったり、トラブルがあってもキャリアのサポートが受けられないなどのデメリットがあったりします。
またキャリアメールなどキャリア独自のサービスについては受けられないことが多いようです。

最近では様々なサポートを付けたり、スマホなどの端末そのものも提供しているNVMO業者もありますので、それらをうまく使うことでより柔軟な携帯ライフを送ることができるのではないでしょうか。

スマホ通信料の節約には、MVNOを活用すれば簡単にできます。
SIMカードの購入には、ネットからの購入できる業者が多いので便利です。
また決済にクレジットカードが必要な場合もありますので、ない方は利用する前に準備しましょう。