格安スマホの簡単な解説と人気の理由やデメリット等

スマホを契約すると、本体の購入費用に加え、月々の利用料金もかかることになります。
本体の価格は現在は、5~8万円ほどになっています。
そして月々の利用料金は、申し込むプランにもよるのですが、6千~1万円ほどとなっています。

通話やインターネット通信を制限なくおこなえるプランなどに申し込むことで、月額1万円以上になることも少なくありません。

このように金銭的な負担が多いため、現在は格安スマホが注目を集めています。

スマートフォンは主にドコモ・au・ソフトバンクといった3大通信会社から発売されています。
しかし、近年この3社のプランより比較的安価なプランを持つスマートフォンが発売されてきています。

格安スマホとは、大手キャリア以外での契約で入手できるスマホのことです。
大手のショッピングモールや家電量販店、ネット関連の事業を行う会社などが参入しています。

格安スマホが人気の理由→安い!

格安スマホのメリットはとにかく利用料金が大手3社のスマホに比べて安いということです。

格安スマホの一般的な月額利用料は2000~3000円程度のものが多く、一般的なスマホに比べ半分以下になります。
料金体系もシンプルで分かりやすいです。

大手キャリアと比べると、月々の利用料金は、かなり安く抑えられています。
中には、月々千円ほどで利用できる格安スマホもあります。

なぜこれほど安いかというと、スマホに挿入するSIMカードが安価だからです。
スマホにおいては、SIMカードこそが重要なのですが、格安スマホでは容量のやや少ないSIMカードが使われています。
そのためデータ通信の速度などに制約はありますが、その分安価での取引が可能なのです。

容量が少なくても、通話もインターネット通信も、問題なくおこなうことができます。
もちろん大手キャリアで使っていた電話番号を、移行してそのまま使い続けることも可能です。
電話番号はそのままで、月々の利用料金を安くすることができるため、格安スマホには人気があるのです。

格安スマホのデメリット

しかし、良いことばかりではありません。
通信速度は抑えられていますし、通信量も普通のスマホに比べて限度が厳しくなっているものがほとんどです。
他にもメールアドレスが無いものや通話の音質が悪かったり、掛けられない番号があったりします。

ただし、これらのことがデメリットにならない方にはお薦めできるスマホと言えます。

ネットもあまり利用しないとか、通話機能はいらないといった方には一般的なスマホを使うよりは節約に繋がります。

各社様々な特徴を持ったプランがありますので、ご自分の利用状況に応じて格安スマホの利用も検討してみてください。